ロレックスのプロが教える!ロレックスのアレコレ

2016.10.18

ロレックスの資産価値ってどうなの?

  • シェアする
  • +1する
  • はてブする
  • Pocket
  • メールを送る
  • LINEに送る
  • フォローする

「マルシェ」のスタッフは、全員、時計好きです。

時計を好きにならないと目利きにはなれない世界だと思います。

そんな私たちがハッキリ言わせていただきます。

 

時計を資産として持つなら、「ロレックスを買うべき」です!

 

質・マルシェ_ロレックス_資産価値①

 

雲上ブランドと呼ばれるパテックフィリップ等

世の中にはロレックスよりも高級な時計メーカーは多数あります。

 

高級時計を着用すると優越感や自己満足、あたかも自分が磨かれたカッコイイ人間であるような気分にもさせる、高級時計にはそんな魅力がありますよね。

 

ですが、そもそも時計とは、高級時計であれ安い時計であれ、機能性は驚くほど大きな差はないんです。

 

では、なぜロレックスを買うべきなのか?

その理由の一つには、やはりロレックスには資産として保有する価値(魅力)があるからではないでしょうか?

 

 

ロレックスが資産として選ばれる理由

 

ロレックスは高級時計の中でも普段使いできる実用時計なので、世界中にコレクターやファンが多い

 

ロレックスは錆びに強く耐久性に優れており、飽きのこないシンプルなデザインが魅力の実用時計です。

 

だから、一度購入すると長く使い続けることができるため、昔のモデルであっても良い状態で残っていて、世界中にコレクターやファンが他のブランドと比較しても圧倒的に多いのです。


実用時計であるロレックスは、ヴィンテージ品から現行品、新作までさまざまな年代のものが市場では取引されています。その中でも希少価値の高いものは、需要に対して供給が足りなくなり、価格が高騰する傾向にあります。

 

ロレックスは他の時計に比べて買取に出した時の換金率がズバ抜けて高い

 

日本国内だけでなく世界中にファンやコレクターが多いため、ロレックスは買取に出した時の換金率がものすごく高いんです!

 

例えば100万円で買ったロレックスなら80〜90万円で買取が可能です。

またプレミアモデルやレア商品に関しては定価以上、想像以上に破格での買取金額になることもあります。

 

ヴィンテージモデルはもちろんのこと、通常モデルであっても希少性が高かったり、市場で人気の出たモデルは価格が高騰することがあります。

 

これがロレックス以外の他のメーカーではなかなか考えられない特徴のひとつ。

 

過去にフジテレビドラマ『ラブジェネレーション』で木村拓哉さんが着用した事で、エクスプローラーⅠの価格が一時的に跳ね上がったことがありますが、著名人が着用することで、ブーム、ディスコン(製造中止)になったり、急に価値が変動するモデルもあります。こんなに資産価値の高い時計は、他にありませんよね?

 

また中古モデルでも文字盤の色の違い、デザイン、細かなレアポイント等などで換金率の差がでてきますが、買取価格に大きな振り幅がないので、安定した資産としておすすめです。


これだけ価値の高さが認められているのですから、資産として時計の購入を考えているなら「ロックスを買うべき!なのです。

 

 

資産としてロレックスを購入する際に知っておくべき基本的なこと

 

新作を店頭で見つけたら即買いして間違いなし!

 

ロレックスの新作は毎年3月~4月頃に、スイスのバーゼルで行われる世界最大の宝飾と時計の見本市「バーゼル・フェア」で発表されます。毎年新作発表後、日本にはおよそ夏頃店頭に入ってくるのですが、その年の新作は基本、一般の方が定価で手に入れるのは非常に困難です。

 

インターネット等でも徐々に出回り始めますが基本的には、新作であってもプレミア価格となりますので、もし新作を店頭で見つけたら「即買いすることをおすすめします!

 

日本定価で販売される新作ロレックスは「日本ロレックス正規取扱店」でのみで購入が可能

 

日本定価で販売されるロレックスは「日本ロレックス正規取扱店」でのみ販売されています。


また、あくまでも噂話での範囲ですが・・・その正規取扱店もロレックス本社によるランク付がされているといわれ、このロレックスの正規取扱店のランクによってその年入荷する商品、入荷されない商品、入荷する本数等がそれぞれ違ってくるといわれています。

(※ランクにつきましてはROLEX及び、取扱店も一切、発表はしておりません。)

 

それに加え、見本市においてロレックスの新作発表が行われても、日本のどこの取扱店に新作が入荷するのかや、新作モデル全体の生産本数は何本か、今回のモデルが限定モデルなのかどうかなど、実はロレックス側からは細かな情報がまったく公表されないんです!

 

ですので、新作のロレックスを日本定価で手に入れようと思えば、

新作が入るランクの正規取扱店に毎日通い続ける】か【(お店にはあるが店頭に並べていないこともあるので)外商を通す】しかないため、通常はごく限られた一部の人でしか手にすることは出来ません。

 

な・の・で、もし新作を店頭で新作ロレックスを見つけたら「即買い」することをおすすめします!

 

購入する際は、その商品があまり世に出回っていない、希少性のあるモデルなのか否かや、人気・需要のあるモデルであるのかなど、多少知識も必要です。

(希少性がなくなると、一気に値落ちするモデルもあるのでタイミング等も重要となりますので・・。)

 

 

なかでも「デイトナ」は確実に価値高騰するおすすめモデル

 

1959年にデイトナというモデル名が誕生しました。

買い」なモデルは、やはりロレックス唯一のクロノグラフ、デイトナでしょう。

 

ROLEX 116500

 

ロレックスの中でもデイトナは特に根強い人気があり「デイトナ 6263、6265」を例えると、1972年の販売当時の輸入カタログに掲載されていた定価なんと18万2000円。それが現在中古相場では、およそ400~700万円!!

 

発売当時の定価も安く不人気だった時代に戻れたらと思いますよね・・・。

 

現在の中古相場の価格差は、状態や付属品のありなし、初期型、後期型、レアポイントなど実にたくさんの理由によって金額は形成されますので、発売当時のデイトナを売却せず、長年大事に持っている方や、お父さんから受け継いで持っている方など、長く所有している方は得をしています。

 

デイトナは歴史上、過去すべてのモデルで価格が高騰しています。

現行モデルでも、長期運用すると何十年後かくらいにグーンと価値があがっているかもしれません。

 

 

ロレックスは買ったり売ったり、トレードして楽しめる

 

100万円のロレックスが80~90万円で買取に出せるなら、買ったものの「なんだかしっくりこないなぁ」と思って違うモデルに手を出したいときも、惜しげなく売りに出せますよね。

 

こんな時こそ質・マルシェを利用してください!

 

需要のない10万円の時計を買って換金0より

1年間使って10万円レンタルしたと思ってロレックスを買う。

そんな賢い楽しみ方もできますし、そうやってどんどん気になったモデルをまわしていくファンのお客さまも沢山いらっしゃいます。


こういった運用ができるのも、大きな値崩れが起きづらく、長期的に安定した価値を保てるロレックスならではの魅力。世界中にファンや愛好者が多いこともうなずけますね。

 

 

ロレックス・マルシェのロレックス時計一覧は こちらから

 

低価格商品から高価格帯の商品まで、各種モデルを取り揃えています。是非一度ご覧下さい。

 

http://rolex-marche.jp/watch/

 

  • シェアする
  • LINEに送る

関連記事

まずはお電話ください!

宅配買取サービス

  • お 得! 査定も送料も無料♪しかも高価買取
  • 簡 単! 宅配キットが自宅に届いて送るだけ
  • 安 心! キャンセル料もかかりません。
送料・査定料完全無料です

質入れ・ロレックスに関するご相談・お問合せはお電話またはメールでお願いします。

お問合わせはお気軽にどうぞ! 097-503-5333

営業時間/10:00~19:00(定休日:祝日)