ロレックスのプロが教える!ロレックスのアレコレ

2016.12.27

徹底解説!ロレックスの 【ドレスモデル】と【スポーツモデル】

  • シェアする
  • +1する
  • はてブする
  • Pocket
  • メールを送る
  • LINEに送る
  • フォローする

ロレックスマルシェ_ロレックスイメージ①

 

精度もデザインも、最高峰と呼ばれるに至るまで高めてきたロレックスの腕時計。約1世紀あまりの開発のなかで、数多くのモデルとデザインが生まれました。

 

ロレックスは、毎年どのモデルを何本生産したか公表しないので、実際のところ、これまでにどのくらいの数の腕時計が誕生しているのかはわかりません。

 

ただ、現在わかっているだけで約300種類あり、私たちが把握しきれていない各国の限定モデルなども含めるとそれ以上の数になります。

 

そんな膨大な数のモデルですが、基本を押さえておけば、あとは自分好みを色やデザインや年代違いで選びやすくなるし、選ぶのが楽しくなると思います。

 

今日は、ロレックス初心者の方にぜひ押さえておいていただきたい、ロレックスモデルの基礎知識を徹底解説!していきます。

 

基本的にロレックスの腕時計は大きく【スポーツモデル】と【ドレスモデル】にわけられます。

 

ロレックスの【スポーツモデル】

 

【サブマリーナー】

 

ROLEX_サブマリーナ_グリーンサブ

 

1953年、100m(330フィート)の防水を叶えた初のダイバーズウォッチとして誕生。名前は「潜水艦」という意味で、現在は300mまで防水の機能が付いています。


とはいえ、一ロレックスファンの私から言わせていただければ、ロレックスをつけたまま海に潜るのは、実際のところあまりオススメはしません・・・(笑)。


日付が付いているものを「デイト」、付いていないものを「ノンデイト」と呼んでいます。

 

デザインはブルーのダイアルが特に人気。ホワイトゴールドや色をミックスさせたもの、グリーンは個性的な人に人気です。

 

ちなみに3900mまで潜れる【ディプシー】はサブマリーナーのプロ専用モデル。時計の機能としてはとても優れていますが、分厚く重たいので普段着けるのには向かないかもしれません。

 

ROLEX_ディープシー

 

【エクスプローラー】

 

ROLEX_エクスプローラー_ 14270

 

こちらも1953年に誕生したモデルで、「冒険家」という名前。

 

IとIIの2種類のモデルがあり、Iはごくシンプルでダイアルが黒だけ。日付もないノンデイトタイプです。

 

ただ、100m防水が付いているなど機能はしっかり。シンプルで飽きがこないのでとても人気があるモデルです。

 

対してエクスプローラーIIは、デイトが付いているうえ、ベゼルに24時間表記が付いた「GMT機能」を備えています。

 

ROLEX_エクスプローラーⅡ_1655

 

日付と回転ベゼルが付いたモデルは世界を旅する人のためにと開発されました

 

ケースサイズが36mm39mmの2種類あって、ケースと針のバランス良い36mmのほうが人気です。

 

エクスプローラーはロレックス初心者の人にも手が出しやすい値段。ちなみにIIの初代モデル(品番1655)というモデルは、販売時18万円だったものが、現在では200万円の価値にまでなっています。投資用にもおすすめですよ。

 

【コスモグラフ デイトナ】

 

通称「デイトナ」はロレックスの最高峰

 

ROLEX_デイトナ_116500


ロレックスといえば「デイトナ」と言われるくらいの時計の王様で、購入時の金額を割ることは絶対にありません。それどころか、過去から現在に至るまですべてのモデルの相場があがっているんです。


人気の秘密は、贅を尽くしたこだわりの装飾。プラチナホワイトゴールドダイヤが入っていたり。ダイアルが隕石でできているものもあります。

 

これをつけていれば「僕の時計の文字盤、隕石でできているんだよ」なんてことを誇らしげに言えますよね。カッコイイです。

 

装飾にこだわっているので、逆にシンプルな白と黒のダイアルが人気で高値が付いています

 

【ヨットマスター】

 

ヨットマスターは、回転ベゼルで10分が測れるストップウォッチ付き

 

ヨットレースが10分おきにスタートするので、完全にヨットレース仕様ですね。

 

ヨットマスターは色がいろいろ出ています。スポーツモデルでありながらドレスモデルのような見た目の高級ライン。

 

ただし相場の振れ幅は少ないです。

 

【GMTマスター】

 

1955年、航空会社のパイロットの要望に応えるために開発されたのが「GMTマスター」。

 

ROLEX_GMT_1675

 

GMTとはグリニッジ・ミーン・タイム=世界標準時間のこと。


1960年代、パンアメリカン航空など数社の公式時計に採用されていました。

 

転じて、世界を飛び回るビジネスパーソンをイメージするモデルとなり、GMT針と回転ベゼルで第2次時間帯も表示できるようになっています。

 

【ミルガウス】

 

一般的な機械式時計は50〜100ガウスの磁場で影響を受けてしまうのですが、この「ミルガウス」は1000ガウスの耐磁性を誇ります「ミル」とは「1000」のこと。

 

ROLEX_ミルガウス

 

レントゲンを撮る技士や、科学分野の研究者たちに信頼されてきました。

 

しばらく製造されていませんでしたが、2007年に復刻。ミルガウスのデザインはとても遊び心があります。

 

磁場に強いという意味で、針が稲妻が走ったようなデザインになっているんです。

 

賢く遊び心のある人が着けるととてもお洒落です。Mr.Childrenの桜井和寿さんが着けていると聞いたことがあります。

 

ロレックスの【ドレスモデル】

 

パーティーシーンに選ばれる【ドレスモデル】はビジネスシーンでも存在感絶大!【スポーツモデル】に比べてフォーマルなのが【ドレスモデル】。

 

華やかなパーティーシーンの装いに映えるデザインとなっています。もちろん、スーツと合わせても存在感抜群で、ビジネスシーンでも自分を高めてくれます。

 

【エアキング】

 

これはロレックスのど定番モデルのひとつ。機能はそのままに、かなりシンプルなつくりになっています。

 

ROLEX_エアキング_5700

 

そのシンプルさゆえ、文字盤・ダイアルも黒や白のものが人気と、とことん装飾を削ぎ落としたモデルが売れ筋です。

 

シンプルなデザインがベースですが、実は年代によって少しずつデザインが変わっています。そういった微妙なデザインの変更(進化)がロレックスファンの興味を惹きつけてやまないのです。

 

【デイトジャスト】

 

日付を文字盤の小窓で確認できる画期的な自動巻き腕時計として、1945年に誕生した【デイトジャスト】。

 

ROLEX_デイトジャスト

 

5列からなるジュビリーブレスレット、「キザベゼ」と呼ばれる「フルーテッドベゼル」などはこの時計のために開発されたものなんです。

 

もう、【デイトジャスト】は同じ時計とは思えないくらいたくさんの種類があります。ダイヤ、素材を組み合わせたコンビ、レディースモデルにはダイアルにフラワー柄があしらわれたものも。型番を覚えるのが大変なくらいです!

 

しかも、各国で限定版が発売されていたりもするので、日本にいる私たちが見たことのないモデルが流通していたりもして。それに年代違いもありますからね。本当に種類が多いんです。

 

このモデルは、値段が50万円くらいからと比較的手頃なので、初めてロレックスを買う方にもオススメのモデルとなっています。

 

資産価値としては買った値段からそれほど高騰はしませんが、逆に大きく損することもありません。デザインも飽きがこないし、「絶対にハズさないモデル」です。

 

【デイトジャスト】のあとに別のモデルを買ったとしても、やっぱり【デイトジャスト】が1本ほしいなあと、また戻ってくるという人も沢山いるほどです。

 

【デイトジャストII】

 

これは、デイトジャストのサイズが大きい版41mmあるのですが、大きなモデルは正直、あまり人気がありません、、。(あくまで個人的な見解ですが・・)

 

ROLEX_デイトジャストⅡ

 

しかし、ベゼルやブレスレットのデザインはまさに【デイトジャスト】といった雰囲気です。

 

【デイトジャスト ターノグラフ】

 

こちらは【デイトジャスト】に回転ベゼルが付いたモデル。赤い針が印象的ですが、日本限定でグリーンの針のものが発売されています

 

ROLEX_ターノグラフ_116264

 

非公開なので詳しくはわからないのですが数百本は生産されて、2010年頃廃盤になっていますので、いつか人気がでて価値があがる可能性を秘めています。

 

【デイデイト】

 

18ctゴールドかプラチナのみで展開するモデル。1956年の発売当時、ダイアルにフルスペルの曜日も表示する世界初の時計として話題を呼びました。

 

ROLEX_デイデイト

 

ロレックスが「世界中のエリートのための究極の逸品であり続けている」と言っている通り、贅を尽くしまくった美しい時計で、値段も驚くほど高い。普通の人は手が届きません・・。

 

ただ、レディースのシンプルなモデルは人気が高く、ビジネスシーンでつけている人もいます。

 

自分を高めてくれる1本なんです。買えばわかる! 着けて虜になる! ロレックスの魅力

 

ロレックス初心者から上級者まで、愛好家別のオススメモデル

 

【スポーツモデル】【ドレスモデル】と個性あふれるロレックスをご紹介させて頂きましたが、ロレックスの価値や魅力を知るには、やはり実際に着けてみるのが一番です。

 

どんなモデルが自分に合うのか?本来はお客様の感性で選んでもらうのが一番だとは思いますが、その中でもあえてオススメするとしたら……

 

◎ 初心者

デイトナ】【サブマリーナー】【エクスプローラーI】【デイトジャスト

 

機能はあまり重視せずデザインを直感で選んでみましょう?

 

◎中級者

デイトナGMTマスター】【ミルガウス

 

ちょっと遊びゴコロを取り入れてみると楽しいと思います。

 

◎上級者

上級者には、どのモデルがおすすめ!ということはありません。

 

上級者になる頃には、自分で自分の個性に合った1本を見つけているはずですから。

 

ちなみに、実は、最初に買ったモデルに戻る人も多いのです。

 

まとめ


今回は、基本のモデルをご紹介しましたが、いかがでしたか?興味のあるモデルはありましたか?

 

名前を聞いただけではピンとこないかもしれませんが、その開発秘話などを聞くと興味が湧くこともありますよね。それがあなたの【ロレックス】の世界への入り口です!

 

一つひとつのモデルにロレックス社がかけた思いを知ると、なぜだか時計に人間味を感じてしまいます。だからこそ、すべての人の感性にぴったりの1本が見つかるのかもしれませんね。

 

ロレックスマルシェでは、店頭にあるモデルのほか、ご希望のモデルをお探しすることもできます。ぜひいちどお店までご来店ください。

 

  • シェアする
  • LINEに送る

関連記事

まずはお電話ください!

宅配買取サービス

  • お 得! 査定も送料も無料♪しかも高価買取
  • 簡 単! 宅配キットが自宅に届いて送るだけ
  • 安 心! キャンセル料もかかりません。
送料・査定料完全無料です

質入れ・ロレックスに関するご相談・お問合せはお電話またはメールでお願いします。

お問合わせはお気軽にどうぞ! 097-503-5333

営業時間/10:00~19:00(定休日:祝日)