ロレックスのプロが教える!ロレックスのアレコレ

2017.2.10

ロレックス・デイトジャストは買取価格が下落しない「買い」なモデル

  • シェアする
  • +1する
  • はてブする
  • Pocket
  • メールを送る
  • LINEに送る
  • フォローする

ROLEX 1601

 

ロレックスのモデルのなかでも、安定的な人気を誇るのがドレスモデルの【デイトジャスト】

 

【デイトジャスト】は、1945年に誕生したカレンダー機能を持たせた世界初の時計で深夜0時きっかりに日付が変わるのはもはや伝説的事実。

 

デイトジャストのあとに別のモデルを買った人も、「やっぱりデイトジャストがほしい」と買い直すくらい、ロレックス愛好者にも根強い人気があります。

 

デイトジャスト売れ筋の人気モデル

 

デイトジャストといえば、ギザギザのフルーテッドベゼルホワイトゴールド×ステンレスのコンビを使用した5連のジュビリーブレスレットがシンボル。

 

シンプルなデザインですがキラッと輝く高級感があります。

 

文字盤のカラーやデザイン、素材のバリエーション、ベゼルやオイスターケースやブレスレットに異素材を組み合わせたコンビなど、ほんとうにたくさんの品番と種類があるんです。

 

古いものから年代を追って売れ筋品番をご紹介すると

 

【Ref.1601】

 

 

デイトジャストが誕生した後の1948年から1977年までに製造されたアンティークモデルのひとつで、4桁モデルのうち下一桁が「1」のこの型は、デイトジャストのシンボルであるギザギザに波打ったフルーテッドベゼルが特徴。

 

この【1601】が現在のデイトジャストのベースになっています

 

【1601】はこちらから

 

【Ref.16014】

 

rolex_datejust_16014

 

【1601】製造終了後の新たなモデルのひとつで、1978年〜1987年頃まで製造。

 

インデックスがバー表示のものもあればローマ数字のものもあるし、ブルーの文字盤でインデックスがダイヤというものもあります。

 

【Ref.16234】

 

 

1988年〜2001年製造モデルのひとつ。

 

これは文字盤、インデックスともに16014よりもさらに多くの種類があります。

(因みにこちらは、白コンピューター アラビアダイアル Y番 というタイプとなります)

 

【16234】はこちらから

 

 

【Ref.116234】

 

 

2002年〜2008年製造。この6桁モデルからブレスレットが無垢素材となりました。

 

またこのモデルの途中から「透かしクラウン」が入っています。

 

【116234】はこちらから

 

デイトジャストの女性モデル【Ref.179174】

 

デイトジャストには女性モデルもたくさんあって、女性モデルなら【179174】が買いです。

 

これは男性モデル【116234】の女性版です。

 

デイトジャスト「ボーイズモデル」【Ref.178240】

 

さらに、デイトジャストには「ボーイズモデル」もあります。

 

ボーイズモデルはケースのサイズが26〜28mmと、メンズとレディースの中間くらいのサイズ。老若男女をターッゲットにしていますが、主に女性のお客さまに愛されてきました。

 

最近はユニセックスなファッションアイテムも人気なので、個性的でおしゃれな男性にもおすすめですね。

 

このあたりがいつの時代も不動の売れ筋。

 

「シンプルで飽きがこない」しかも「文字盤や素材の組み合わせが豊富」がデイトジャストの魅力

 

写真を見ておわかりのように、これらの人気品番は数あるロレックスモデルのなかでも極めてシンプルな飽きのこないデザインです。

 

しかも、サブマリーナーなどのスポーツモデルに比べて36mmとやや小ぶり。なのに、腕に着けたときに放つ存在感たるや圧倒的…絶対にハズさないモデルと言えるでしょう。

 

また、デイトジャストには文字盤や素材の組み合わせごとに、把握しきれないくらい沢山の種類があり、どれも華やかな印象。

 

例えば【116234】のなかでも、文字盤が黒く数字の部分がダイヤのもの、文字盤がフラワー柄のものなど、製造された年代でお探しになる方もいたりと、ほんとうに個々の好みにぴったりな1本が見つかるというモデルです。

 

文字盤を変えて楽しむ愛好者も多い

 

文字盤違いが多いのには理由がありまして。

 

もともとロレックスで製造された種類も多いのですが、加えて自分好みにアレンジする愛好家の方もたくさんいるんです。

 

たとえばオーソドックスなシルバーの文字盤のデイトジャストを持っているとします。

 

ちょっと遊びココロをプラスしたくなり、文字盤がブルーでインデックスがダイヤのものに変えたくなった…そんなとき、ロレックスの正規販売店に「文字盤だけ変更を」という依頼ができるんです。

 

本体ごと買うより安くて済みますし、何より自分好みにカスタマイズできるのは楽しい!

 

しかも正規販売店で対応してもらっていますから、保証書付きとなりますので、自分で勝手に変えるより、正規販売店での交換の方が価値が落ちません。

 

デイトジャストの中古市場、買取価格について

 

また、デイトジャストは買取に出すとき、買ったときの金額から大きく高騰することはありませんが、逆に人気モデルゆえ大きく損をすることもありません。

 

なかには1980〜90年頃の【16030】というレア品番のように、今、かなり高騰しているものもあります。

 

この品番は4〜5年前まで中古品の売値が10万円をきっていたんですが、現在は30万円程度まで価値が上がっています。

 

確実にデイトジャストファンがいることを物語る話ですよね。

 

ロレックス・マルシェでは、気になる品番がございましたら、ご希望のものをお探しすることができます。ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

  • シェアする
  • LINEに送る

関連記事

まずはお電話ください!

宅配買取サービス

  • お 得! 査定も送料も無料♪しかも高価買取
  • 簡 単! 宅配キットが自宅に届いて送るだけ
  • 安 心! キャンセル料もかかりません。
送料・査定料完全無料です

質入れ・ロレックスに関するご相談・お問合せはお電話またはメールでお願いします。

お問合わせはお気軽にどうぞ! 097-503-5333

営業時間/10:00~19:00(定休日:祝日)